FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

Andy's Diary "The Conclusion"


5月、6月と掲載しましたAndy先生が15才の時の日記の続き、今回は結末です。

Mom was so pissed off that she slammed the door when she came in. She stormed into her bedroom. I could hear a lot of shouting between Mom and Dad. Man! I have never seen Mom act like that before. Weird! I've seen Mom angry before, but never like this. She really means business, I think. Tonight was definitely the last straw for her.
母は激怒していて、家に戻って来た時には、バタンと音を立ててドアを閉めた。それから寝室へと飛び込んで行った。
父と母のどなり合う声が、かなり響いていた。ああ!母があんな態度をとるのを、今まで見た事がない。変だ!以前にも母がどなったのを見たことはあるが、今回のようではなかった。本気になっているのだと思う。今夜のは正に極限状態といったところだ。

May 9, 1975
1975年5月9日

Mom didn't wake us up (my sisters and me) for school this morning. (She had always woken us up for school and made breakfast for us before she went to work. After what happened yesterday, everything changed!) Darn! We were super late for school today. We didn't even have money for school lunch. I had to borrow money from Dwayne (my best friend). I told him that Mom was on strike. He told me that everything would blow over and not to worry. He said that it was probably that time of the month again.
母は、今朝僕たち(姉、妹)を起こしてくれなかった。(いつもは、学校に行く僕たちを起こして、仕事に出る前に朝食を作ってくれていたのに。前日の事があってから、すべてが変わったのだ!)畜生!3人とも今日は大幅に遅刻だったんだぞ。
しかも、昼食代もなかったし。僕はドウェイヌ(親友)から、金を借りなければならなかった。母がストライキ中で、家事を一切やらないのだと打ち明けた。ドウェイヌは、すべてそのうち鎮まるから、心配するなと言った。たぶん、女性特有の毎月やってくるアレの時期なのだろうとのことだった。

May 13, 1975
1975年5月13日

Mom really means business. She hasn't done anything around the house. When she comes home from work, she goes straight into her room and shuts the door. I have no idea what she is doing in there. She hasn't talked to any of us.
母は、正真正銘本気だ。家のことは、一切何もしていない。仕事から帰ると、わき目も降らずに自分の部屋に入って、ドアを閉める。母が部屋で何をしているのか、全くわからない。僕たち家族の誰とも言葉を交わしていない。

The laundry room is filled with clothes. I've already run out of clean underwear. I wonder if I should start wearing the same ones again. Miriam (my older sister) has used all her allowance money on fast foods. Dad's been eating those instant noodles, Cup-a-Noodle or something like that. Anyway, they taste horrible! Carolyn (my younger sister) has been cooking her own dinner, spaghetti, every night for the past few days. (That was all that she could cook those days.)
ランドリールームは衣類でいっぱいだ。洗濯済みの僕の下着も、すでに底をついている。一度着た下着を、また身につけるべきなのかなぁ。ミリアム(姉)はファーストフードを買うために、小遣いを全部使い果たした。父は、カップラーメンの類いのインスタントラーメンをこのところずっと食べている。とにかく、その味といったら、まずいのなんの!キャロライン(妹)は、ここ2、3日、毎晩夕食のスパゲッティーを自分で作っている。(あの当時、妹が作れる料理といったら、それくらいしかなかったのだ。)

We've got to do something about this. Everything is a mess!
この状態を何とかしなくては。何もかもメチャクチャだ!

May 18, 1975
1975年5月18日

(Mom was still on strike. She did not lift a finger. By this time, Dad began doing some of the house chores. My sisters and I began to get a little worried that Mom did not love us anymore!)
(母は、この時もまだストライキ中。何もしないようにしていたのだ。この時までに、父は少し家事をやり始めていた。
僕ら子供達は、母が自分たちのことを、もはや愛していないのではないかと、少々心配になりかけていた。)

I saw Dad washing all our clothes this morning. Strange. I've never seen him do anything like that before. He was wearing the apron Mom wore every time she did the laundry. I laughed. Dad gave me the stink eye. I ran away.
今朝、父が衣類を洗濯しているのを見た。変な感じだ。今まで、洗濯をする父の姿なんて一度も見たことがない。
母が洗濯をする時にいつもしているエプロンを、父がかけていた。笑ってしまった。すると、父が鋭い目を向けたので、僕はその場から逃げて来た。

Tonight, Dad called for an emergency family meeting (without Mom). Mom went somewhere without telling anybody. He made a duty roster for us. Mom's been giving him the cold shoulder. He's been sleeping on the sofa. Poor guy. Anyway, tomorrow, I'll have to make breakfast for us -- toast and coffee. I'll also have to set the table for dinner. Carolyn will cook dinner (spaghetti). Miriam will clear the table and wash the dishes. Dad will wake us up and give us lunch money and our allowances (I had received a monthly $5 allowance for basically doing nothing; however, since Mom went on strike, I had to actually work for it.) Every week, we'll be rotating our responsibilities. And on weekends, we'll all have to chip in doing the laundry.
今晩、父が皆を招集し、(母抜きで)緊急家族会議を開いた。母は誰にも告げずに、どこかに出かけている。父は僕たちの役割分担を決めた。母は父に対して、よそよそしい冷たい態度を取り続けている。父はソファーで寝ている状態が続いている。かわいそうに。とにかく僕は明日、皆の朝食を作らなければならない———トーストとコーヒー。さらに、夕食のためのテーブルの準備もしなくては。キャロラインが夕食(スパゲッティー)を作るだろう。ミリアムは、テーブルの後片付けと皿洗いだ。
父が僕たちを起こし、昼食代と小遣いを渡してくれる。(それまでは、基本的には何もしないで、1ヶ月5ドルの小遣いをもらっていたが、母がストライキに入って以来、実質的には5ドル分働いていることとなった。)毎週、僕たちは役割分担を交替していく。そして週末には、皆で協力して洗濯をすることになるだろう。

Now as I look back on those days, although my mother's strike lasted for only ten days, it was very effective. Our lives, including my mother's, changed. We learned how to become a family by cooperating and that no one should be taken for granted. I discovered, the hard way, that people had to appreciate the person they loved most while that person was still alive.
 今、当時を振り返ってみると、母のストライキが続いたのは、たったの10日間だけでしたが、とても効果があったと思います。それは、母を含めた皆の生活が変化したからです。協力し合うことによって、家族が成り立っていて、誰一人として
ないがしろにすべきではないということを、学びました。人は、最も愛する人がまだ生きているうちに、その人に感謝しなければならないということを、自分は苦い経験を通じて気づいたのです。

I hope that everyone has enjoyed reading my diary. Oh, I forgot to mention what had happened at the end of this episode. After we had all apologized for our selfishness, Mom joined in on our rotation of duties. However, she had had the least difficult task. My father, sisters, and I had insisted on this condition.
この日記を、楽しく読んでいただけたらと思います。あっ!この話の結末がどうなったのか、お話するのを忘れていました。全員で、自分たちが勝手すぎたことを詫びてから、母も交替で家事の役割分担を担うことになりました。とはいえ、母には一番楽な家事を、受け持ってもらいました。父も、姉、妹と共にこの私も、そうしたほうがいいと主張して、そうなったのです。


The End.

終わり
                                                         (日本語訳: 小野 由美子)
スポンサーサイト
line
line

FC2Ad

line
プロフィール

ecolehibari

Author:ecolehibari
西東京市のひばりケ丘で開校して、45周年を迎えました。
長年の経験を生かし、生徒の皆様とのふれあいを通して、当校もコミュニティーの一部としてお役に立てるよう、更に努力していきたいと考えております。

line
最新記事
line
月別アーカイブ
line
カテゴリ
line
カレンダー
06 | 2014/07 | 08
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
line
ImageClock
line
検索フォーム
line
リンク
line
QRコード
QR
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。